干物・伊勢エビ・鮮魚など海産物ならはし長

代表からの挨拶

はし長代表毎度ご愛顧頂き誠にありがとうございます。
この度、ホームページを、より親しみのあるお買い物しやすいものに一新いたしました。
「紀州地場の旬の鮮魚・干物を新鮮なまま、
安価に、そして安全な食品としてお届けする」
それが私たち漁場で商いをするものの使命だと確信しております。

都会や、山間部の方々に、是非とも美味しい魚を召し上がっていただきたい、
皆様方の食のパートナーとして「はし長」はお役に立ちたいと願っております。
魚のことなら「はし長」と、ご利用お引き立てくださいますようお願い申し上げます。

和歌山県百年企業

株式会社はし長は、慶応元年の創業以来、美味しい魚を召し上がって頂きたいという一心で商いを継承してまいりました。
この度その功績を認めていただき、和歌山県知事より「和歌山県100年企業」という賞をいただきました。
100年以上にわたって、伝統や技術や事業を守り、継承。
和歌山県の経済発展に貢献してきた長寿企業を表彰する制度です。
先代の労はもちろんですが、創業より145年(2010年現在)、どれほど多くのお客様やまわりの方々のお陰かと思うと気が遠くなるほどの感謝の気持ちで一杯です。
お一人お一人のお客様を大切に、たくさんの方々に支えられての今があるということを私達は決して忘れず、これからも頑張っていきます。
はし長をご愛顧くださる全国のお客様に、心よりお礼申し上げます。

会社概要

■商号: 株式会社 はし長 http://www.hashicho.co.jp/
■創業: 慶応元年(1865年)
■所在地: 直売所:
〒644-0023 和歌山県御坊市名田町野島2368
TEL:0738-29-2468/FAX:0738-29-2467
畜魚場:
〒644-0021 和歌山県御坊市名田町楠井171
TEL:0738-29-2003
■メールアドレス: info@hashicho.co.jp
■資本金: 1,000万円
■業種: 海産物卸

会社沿革

慶応元年(1865年) 初代 橋本半助
山半商店を慶応元年に開業。
棒手振り(天秤で魚を担って魚の行商をすること)として近郷の人々との商いをはじめる。
明治36年(1903年) 二代目 橋本勝太郎
家業を継いで店舗を造り、商店としての店構えをすると同時に、豆腐・油揚げの製造販売をはじめる。
大正9年(1920年) 三代目 橋本長次郎
家業を継ぎ、近海の伊勢海老の問屋として、関西・関東方面に出荷。伊勢海老の販路開拓をする。
三代目長次郎の名前から、「橋長商店」となる。
昭和47年(1972年) 四代目 橋本孝保
アワビの陸上生簀を設置。関西で唯一、海水の冷却装置のある生簀を造る。
昭和62年(1987年) 海産物の直売店を開店する。
平成11年(1999年) 株式会社はし長を設立。
平成20年(2008年) 3月に和歌山県百年企業を受賞しました。
平成20年(2008年) 12月に宮子あじ太刀魚干物うるめ一夜干しが「プレミア和歌山」認定


素材と製法にこだわった自慢の逸品



海産物卸商 はし長
和歌山県御坊市名田町野島2368 TEL:0738-29-2468 FAX:0738-29-2467
E-Mail:info@hashicho.co.jp